トイレの水漏れを自分で水道 修理する場合の各種情報

トイレの水漏れを自分で水道 修理する場合の各種情報 トイレの水漏れは、機器の劣化や気候などが原因で、普通に生活していたら起こります。業者に依頼して処置する方法もありますが、自分ですることで費用と時間を抑えることができます。ただし、相応の工具と知識が必要です。間違った水道 修理をすることで、二次被害や機器の故障にもなりかねません。それに伴い、生活に支障をきたし費用面でも大きな負担をもたらします。トイレ水漏れが起きても、適切な処置をすることでトラブルを最小限に抑えられます。

■トイレ水漏れが起きたら、水道 修理の前にすべきこと

トイレから水漏れが起こったとき、まずするべきことは止水栓を止めることです。流れなくすることで、水道代の高騰を抑えることにも繋がります。流れたままの状態で水道 修理をすることで、床など家屋全体に水漏れの被害を与えかねません。特に賃貸物件の場合は、他の住民への生活に影響をもたらします。たとえ業者に依頼する場合でも、水を止めておくことで作業をしやすくなります。
止水栓を止めても、タンクや便器に水が溜まっている状態では流れ出てしまいます。各所水量が多い場合は、予め汲み出しておくことでトラブル回避ができます。応急処置として、水漏れが起きている場所にタオルなどで塞ぐこともあります。しかし、水漏れの症状は続いていますしそのままの状態だとやがてあふれ出てしまいます。タオルで巻く前に、止水栓を止めると良いでしょう。

■水道 修理する際トイレ水漏れの原因を見つける作業が必要
トイレ水漏れがおきる箇所はいくつかありますが、原因を見つけることで水道 修理をしやすくなります。
タンクには、パッキンなどのパーツがいくつかあります。経年劣化やずれが起きることで、正常に機能しにくくなります。給水管は、パッキンなど接続部分の部品の劣化やナットの緩みが主な原因です。温水洗浄便座では、パーツの接続部分における部品の劣化が主な原因となります。その他としてはノズルや操舵パネルの裏側、給水ソケットなどいくつかあります。場合によっては電子部品の修理が必要となり、機器を取り扱う業者への依頼が必要です。
便器は、主に陶器でできています。何かにぶつかったり経年劣化に伴い割れてしまうことがあります。割れた箇所が一か所であっても、全体の強度は下がっています。応急処置では解決は難しいので、水道 修理ではなく便器の交換となります。床は、原因箇所が見つかりにくいです。タンクとの連結部分の不具合や床下の配管の破損などがあります。各種相応の技術と時間を要しますから専門業者に依頼することになるでしょう。

■自分でできるトイレ水漏れの水道 修理について

トイレ水漏れがおきる箇所は、部品それぞれにありますが水道 修理でも場所にあった処置が必要となります。
タンクの場合は、中の部品がずれていて位置を戻す程度なら自分で対処することが可能です。給水管は、止水栓を止めた後に接続部のナットを緩めます。パッキン交換をしてナットを締めるだけで良いです。温水洗浄便座では、感電を防ぐためプラグを抜いてから水道 修理をします。ノズル交換程度なら、ホームセンターや業者に取り寄せることが可能です。
一方、相応に高度の知識を要する作業も少なくないです。床や便器の場合は、建築のレベルでの作業となります。各種自分で対処することが難しい場合は、専門業者に依頼してください。

■まとめ
トイレ水漏れが起きた際、先ずは止水栓を止める作業が必要です。二次被害を防いだり、水道代高騰を防ぐことに繋がります。そのうえで、原因を見つけて水道 修理をする流れとなります。自分で対処することが難しい場合は、信頼出来る業者に依頼してください。間違った処置をすることで、被害を大きくしかねません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース